子育てを「楽しみたい」あなたに。

【子育てパパ日記】てぃころぐ!

【赤ちゃんと遊ぶ】音探しあそび

 
  2017/01/14
himaguri
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
himaguri
育児しているパパの情報が少ないため、ブログを始める。試行錯誤しながらも、子育てを心から楽しむことができるように、そんな家族が一人でも増えるように、パパ視点での記事を書いています。 詳しい自己(家族)紹介はこちら!

himaguriです。

 

実践、赤ちゃんとの遊び方紹介です。

 

うちの娘にやってみて、反応が良かった遊びについて紹介していきます。

 

今回は、題して「音探しあそび」です。

 

準備するものは、鈴入りのおもちゃなど、やさしい音がでるおもちゃがあれば、より高い反応を得られやすいですが、なければビニール袋などでも構いません。

 

うちでは2か月目からこの方法で遊んでいますので、かなり原始的な部類の遊びだと思います。

 

注意事項として、初期の赤ちゃんは特に、非常に音に敏感ですので、ストレスにならないよう、大きな音や刺激の強い音は避けてあげて下さいね。

 

それでは行ってみます。

 

やり方

赤ちゃんの視界から、少しだけ外れたところに、音の出るおもちゃをスタンバイします。

 

寝ている赤ちゃんであれば、首の向きとは別の方向、おすわりしているなら、頭の真上などです。

 

※首がどの程度座っているか、等にもよりますので、首を動かすのがしんどそうな場合は、視界の中で、やってあげて下さいね。

 

音を一度だけ鳴らし、赤ちゃんが音源を探すことを確認します。

 

赤ちゃんは反応がゆっくりしているので、2~5秒後だったり、目線が動くだけだったりするかも知れませんが、その場合は、もう一度音を鳴らしてみて下さい。

 

赤ちゃんが音源を見つけたら、その場でもう一度音を鳴らし、「答え合わせ」をしてあげて下さい。そこで笑顔で「よく見つけたね~」などと褒めてあげ、必要であれば触らせてあげ、説明をしてあげて下さい。

 

この音は何の音か?変な音だった!等、赤ちゃんに浮かんでいるであろう気持ち、疑問について、声に出して「代弁」してあげることも、非常に効果的だと思います。

 

「リンリン」「パチパチ」「カサカサ」・・・・等のオノマトペを使っても良いですね。

 

これを1セットにし、場所、音の種類などを替えて、何セットかやってみて下さい。

 

静かな部屋であれば、指を擦り合わせる音や、軽い拍手、指パッチンなどでも可能だと思います。

 

初期の頃は、感覚器の機能を確認する為にやってみたのですが、初めて反応が得られ、とても感動したのを覚えています。また貪欲に音源を探すので、すごいなあと思いました。

 

その後、遊びとしてもよくやるようになりました。

 

10ヶ月を過ぎた今でも、よく動くようになった首や手で、楽しそうに探しています。

 

音を遠くで鳴らして呼ぶと、高速はいはいで向かってくるようになり、親としてはとても嬉しいです。

 

また別のバリエーションとして、音を鳴らしながら動かしたり、手で隠して鳴らしたりも楽しいです。

 

うちの娘は、じーっと目で追いかけたり、障害物となっている手をどかそうとしたり、首を傾げてみたり、覗き込んで探そうとしたりしていました。

 

余談ですが、一度、「おはなし会」という、絵本の読み聞かせをするイベントに行ったことがあるのですが、開演の際に話し手の人が、鈴を鳴らしながら腕を大きくひと回しすると、それまで騒がしかったチビッ子たちが、水を打ったように静まりかえりました。

 

まるで魔法のようだと感心したものです。小さい子供は、音に比較的敏感なのかも知れませんね。

 

この指向性を利用して、自分の顔や、注目させたいものに視線を誘導する、というテクニックもあります。

 

別の遊びにつなげたり、注意をそらすこともできるので、そういった意味で応用性もある遊び方だと思います。

 

以上、「音探しあそび」についてでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
himaguri
育児しているパパの情報が少ないため、ブログを始める。試行錯誤しながらも、子育てを心から楽しむことができるように、そんな家族が一人でも増えるように、パパ視点での記事を書いています。 詳しい自己(家族)紹介はこちら!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 【子育てパパ日記】てぃころぐ! , 2016 All Rights Reserved.