子育てを「楽しみたい」あなたに。

【子育てパパ日記】てぃころぐ!

読み聞かせに楽しい絵本「きんぎょがにげた」指差しのできる子に。

 
himaguri
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
himaguri
育児しているパパの情報が少ないため、ブログを始める。試行錯誤しながらも、子育てを心から楽しむことができるように、そんな家族が一人でも増えるように、パパ視点での記事を書いています。 詳しい自己(家族)紹介はこちら!

himaguriです。

 

誕生日プレゼントに、妹夫婦から絵本を頂きました。

 

タイトルは「きんぎょがにげた」。

 

出版社は福音館、著者は五味太郎さんという方で、調べてみるとかなり有名な方みたいです。

 

たしかに、絵のタッチはどこかで見覚えのある・・というよりも、昔から慣れ親しんだ絵柄です。

 

ビビッドかつ温かい色彩、微妙にでこぼこした曲線、やさしいデフォルメの絵は、私が子供の頃から、色々な絵本やイラストで目にしたことがありました。

 

この「きんぎょがにげた」でも、ピンク色の金魚が登場するのですが、初めて見たとは思えない、懐かしい感じがしました。

 

読んでみた結果、「ゆびさし」のできる赤ちゃんには特におすすめしたい内容だったので、レビューしていきたいと思います。

 

ストーリー

タイトルの通り、ピンク色の「きんぎょ」が、住んでいた金魚鉢からなぜか逃げ出してしまい、それを追いかける視点で物語が展開されていきます。

 

逃げるだけでなく、隠れることも得意なようで、その場所ごとに何かに隠れ、どこにいるのかを探す、ゲーム性のある内容となっています。

 

このあらすじだけを見ると、なんとなく、「およげたいやきくん」を思い出してしまいますね。

 

たいやきくんの場合は、最後はあのような結末となってしまいましたが、きんぎょの場合は、どうなってしまうのでしょうか。

 

それは、読んでみてのお楽しみです。

 

みどころ

主人(魚?)公の「きんぎょ」ですが、ぽってりとしたシルエットがとてもユニークです。

 

色もかたちも、非常に目立つ風体をしているので、どんな風に隠れおおせるのかは、読んでいる方も毎回、気になるところです。

 

時に巧妙に、時に大胆に、その場その場で風景に溶け込みますが、毎回の隠れ方の完成度、アイディアが一つ一つ全く違うので、1シーンごとに色々な解釈をすることができます。

 

「うまく隠れたなあ」というところもあれば、「これは・・隠れてるつもりなのだろうか・・?」というところもあります。

 

単に「隠れている」に留まらないようなシーンまであります。

 

見開きできんぎょを探す中で、五味太郎さんのやわらかい世界観の絵をよーく観ることができるので、きんぎょだけではない、色々な発見があります。

 

手描き、手塗りの質感の、どこか懐かしい、見ていて楽しくなるような絵です。この絵も、非常におすすめしたいみどころの一つです。

 

こんな子にオススメ

隠れているきんぎょを探すことが、この絵本の第一のテーマになっています。

 

「ゆびさし」ができるようになったら、この絵本を読み聞かせて、きんぎょを一緒に探すと、親子で楽しめると思います。

 

また、表紙に描かれている、ピンクで丸っこいきんぎょの絵が好きそうであれば、喜んで探してくれるでしょう。

 

絵本には、2〜4歳向けと書かれていますが、1歳のティ子でも、楽しく読んでいます。(ピンクはティ子の特に好きな色の一つです)

 

最近はなんでもかんでも指をさしているので、絵本を読み聞かせながら、ゆびさしをさせてみたところ、一度だけ成功しました。

 

妻は、「きんぎょの横顔ってわかるのかな?」と言っていました。たしかに、きんぎょは横を向いており、目も1つしか描かれていません。

 

正面の顔であれば、キャラクターの顔認識はできているのですが、横顔は微妙なラインかも知れません。もしかしたら色に反応したのかも?

 

今のところ、一度しか成功していないので、これから先、どんな風に成長していくのか、今後の楽しみにしています。

 

味わい深い本です

あえて、そうしているのではないか?と思うのですが、きんぎょが逃げ出した動機や、逃走中の心理描写などには、特に物語の中で触れられていません。

 

また、最後の結末は、最初の状況とは異なったところに落ち着きます。

 

このあたりの点について、自分で想像しながら、背景をプラスして読んでいっても面白そうですね。

 

会話ができるならば、子供にそれを考えてみてもらい、発表してもらうのも楽しそうです。

 

想像力をかきたてられる絵本は、読み手にとっても、応用を利かせた読み方ができて有用ですし、子供にとっても、想像の楽しさを教える上でとても良いと思います。

 

きんぎょ探しで一通り、それ以外でも楽しめる、味わい深い絵本だなぁと感じました。

 

以上、読み聞かせ、指差しに楽しい絵本「きんぎょがにげた」のご紹介でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
himaguri
育児しているパパの情報が少ないため、ブログを始める。試行錯誤しながらも、子育てを心から楽しむことができるように、そんな家族が一人でも増えるように、パパ視点での記事を書いています。 詳しい自己(家族)紹介はこちら!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 【子育てパパ日記】てぃころぐ! , 2017 All Rights Reserved.